Amazon WorkSpaces をセットアップしてみました その2

アカウントを取得してみました。

新規でアカウントを作成しました。

ルートユーザーで作成しました。

パーソナルとプロフェッショナルの選択が合ったんですが、とりあえずパーソナルで作成しました。

セットアップ開始

開始早々、リージョンの選択画面が表示されます。

もちろん、東京リージョンを選択しました。

 

「今すぐ始める」をクリックします。

 

「高速セットアップ」をクリック

 

色々選択が出てきます。

組み合わせはこんな感じです。

今回は、「Standard with Windows 10」を選択。

プロトコル(ストリーミングプロトコル)がわからなかったんで調べてみました。
PCoIP:PC-over-IP (PCoIP) ストリーミングプロトコル
WSP-Beta: Amazon WorkSpaces Streaming Protocol (WSP) ベータ版

今はなるほど〜って感じです。

ユーザー名、氏名、メルアドを入力したら、「WorkSpaceの起動」をクリックします。

 

「WorkSpaceコンソールを表示します」をクリックします。

 

最大20分かかりますってあったんですが、ほんとにそれくらいかかりました(^^;

 

画面更新すると”PENDING”の文字が。。。

メールが来たんで、画面更新するとステータスが変わっていました。

ここまでがAWS側のセットアップ終了です。

どんなメールが来たのか

“お客様の Amazon WorkSpace ( Your Amazon WorkSpace )”ってメールが来ました。

日本語と英語の両方で。。

クライアントのセットアップの案内ですね。

Amazon WorkSpaces をご利用のお客様へ

お客様の Amazon WorkSpace が管理者によって作成されました。さっそく以下の手順に従って、WorkSpace のご利用を開始してください。

1. ユーザーのプロファイルを入力し、次のリンクから WorkSpaces クライアントをダウンロードします。

こんな感じです。

さて、つぎはクライアントのセットアップをしてみます。

ちなみに、私の環境はMacです。

どうなることやら。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA