ホームページをAWSで作ろう:LightsailのDNS設定

ホームページを作るとき必要となるのが、独自ドメインです。

なんちゃら.com とか なんちゃら.jp とかいうやつです。

ここでは、Lightsail のインスタンスと、独自ドメインを結びつけるための DNS の設定を記載します。

インスタンス、、ってか、サーバーのインストールはこちらのページです。

ドメインを取得します。

まずは、目的とするドメインの取得が必要です。

AWSのサービスとしては、「Route53」という、ドメイン取得やトラフィック管理などができるサービスがあります。

今回は、すでにムームードメインでドメインを取得していたのを使うので、Route53を使うことなく設定をします。

LightsailでDNSの設定を開始します。

ネットワーキングを表示します。

AWSでホームページを作る Lightsail | くまプレス

ここで”DNSゾーンの作成”をクリックします。

“DNSゾーンの作成”画面が表示されますので、ドメイン名を入力します。

※請求分別をしたいので、タグを設定しています。

AWSでホームページを作る Lightsail | くまプレス

“DNSゾーンの作成”をクリックします。

DNSレコード作成画面が表示されます。

AWSでホームページを作る Lightsail | くまプレス

今回はWebサーバーと、メールサーバのレコードを追加しました。

※Lightsail ではメールサーバーはないですが、忘れないようにと思い設定をしています。

 メールサーバーは自分でインストールしたら使えるのかなぁ。。。。

ネームサーバーをムームードメインに登録します。

冒頭にも記載しましたが、今回はRoute53ではなく、ドメインの取得をムームードメインで行いました。

そのため、ネームサーバーをムームードメインの該当ドメインの”ネームサーバー設定変更”に登録します。

AWSでホームページを作る Lightsail | くまプレス

一応全部登録したけど、どうなんだろ???

終了です。

DNSの設定としてはここまでです。

ping ドメイン名

ってして、反応が返ってきたら完了です。

どれくらいで反映されるかは・・・今回は、4時間後にチェックしたらOKでした(^^)

ふぁいと!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA