ドローンSTEVAL-DRONE01をお手軽に組み立ててみる

Interface 2020年3月の「飛行・走行・航行 ドローン&ロボ制御」に掲載されていたSTEVAL-DRONE01を組み立ててみました。

オーダーしたのは「chip1stop」さん。

こちたのページがオーダー画面です。

このお店は、一般というよりビジネス関連がメインなんでしょうか。

購入するとき、法人名とかの入力がありました(^^;

このキット、プロポ本体と受信機は別売りとなっています。

Interface誌にプロポは「T12KH」、受信モジュールに「R3206SBM」が紹介されています。

一緒に買おうかと思ったんですが、、、まず、プロポ本体が意外と高額(^^;

ドローン本体が5,000円くらいなんですが、プロポさんが20,000円くらいする!!!

でも、必要なもんは必要なもんと、買う気になってたんですが・・・・・!!

今度は、受信モジュールが品切れ!!

結構ネットで探しましたけど、、全然有りません!

しかたないので、今回はパスとして、スマホでのコントロールとしました(^^;

到着しました!

オーダーして2日ほどで、ドローンのSTEVAL-DRONE01が無事到着しました。結構大きな箱!

明けてみると、下1/4くらいに箱がはいっていましたw

蓋を開けてみると、最初日本端が目に入ってきます。

※ハサミは大きさ比較でおいたもので、入ってはいません(><)

この下に、各種部品が入っています。

FCU(Flight Control Unit)です。

モーター、プロペラが入っています。

プロペラは右回り3本、左回り3本入っています。

その他にもネジとかが入っていますが、以前のバージョンでは使ったようですが、今回のバージョンでは使いません。

あと結束バンドも入っています。FCUを止めたりするようですが、今回の説明では使いません(^^)

バッテリー、両面テープが入っています。

のこりはプログラムを書き込むときのアダプターのようです。

両面テープですが、2つに切って利用します。

プロペラですが、左右の回転用がそれぞれ入っています。

よく見ると、右回り、左回りの刻印が根本にありますので、それぞれまとめときましょう!

モーターも、同様に右回り、左回りとあります。

ケーブルの色と、蓋の色で区別ができます。

あと、マニュアル類は一切入っていません!!

組立方法はメーカーであるSTMicroelectronicsのサイトに有る組み立て動画を見てくださいってことです(^^;

ただ、というか、全編英語なんで、う〜むとはなっちゃいますがww

資料によるとFCU(Flight Control Unit)には下記の部品がついています。

・STM32F401 32ビットMCU(Arm® Cortex®搭載)
・LSM6DSL iNEMO慣性モジュール
・LIS2MDL高性能3D磁力計
・LPS22HD MEMS圧力センサ
・SPBTLE-RFモジュール(Bluetooth Smart v4.1用)
・STL6N3LLH6 STripFET H6パワーMOSFET
・STC4054 800mAリチウムイオンバッテリ充電器

組み立ててみましょう!

1)まずは両面テープを2つに切断します。FCUとバッテリーをそれぞれ貼り付けるために2つにします。

わたしは、ハサミで切断しました。

2)FCUを両面テープで本体に貼り付けます。

基盤に矢印がついているので、それを進行方向とします。

※この写真ではモーターもセッティングしちゃってます(^^;

3)モーターをセッティングします。

写真にあるように右回り、左回りのモーターをそれぞれ対角になるように上からはめ込みます。

ただ、このときめっちゃ注意することとして、フレーム本端に前後?があります。

輪っかを支えているステーの部分に角度がついています。

この角度はプロペラの角度とフレームの角度を合わせる必要があります。

※Interface誌にも「プロペラの角度とフレームのモーター結合部の支えの角度の向きを揃えて組み立てます」って書かれています。

4)プロペラをそれぞれモーターにはめ込みます

右回り、左回りを間違えないようにしてください。

5)バッテリーを貼り付けます。

裏面に残りの両面テープを貼り付けて、そこにバッテリーを貼り付けます。

バッテリーはLi-Po電池です。

6)モーターのケーブルをFCUに接続します。

モーターの番号

接続ソケットの番号

 

この順番で、モーターケーブルとソケットを接続してください。

※古い?資料では、M2、M4のケーブルが白色が+側になっているのがありますが、今?のバージョンでは黒色が+側になっています。
ややこしぃ。。。(^^;

7)バッテリーのケーブルをFCUに接続します。

接続すると、電源が入って、LEDが点滅を開始しますので、びっくりしないように(^^)

接続は拡大は上の写真を参考にしてください。電源コネクターはモーターのコネクターと裏表が異なりますので、気をつけてください。

FCUの基盤に+マークが書いてある方に赤い線が来るようにしてください。

接続ができるとこんなふうに赤いLEDが点滅を開始します。

組み立てはここまで!

今回はプロポとの接続はしませんので、一応、組立作業としてはここまでです!

次はスマホとの連動を行います。

おまけ:バッテリーの充電方法!!

FCUはバッテリーの充電機能を持っています。

Li-Po電池専用の充電器を利用してバッテリーを充電するのが早んでしょうけど、なくても充電することができます。

 

Micro-USBケーブルを繋いで充電ができます。

充電を開始すると、赤いLEDが点灯します。終了すると消えてくれます。

そこそこ使ってから充電をしてみたんですが、3時間くらいかかりました(^^;

※使用されるていて電池が膨らんできたら、発火したりするので、使用も充電もしないようにしましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA