ドローンSTEVAL-DRONE01をスマホで操作:iPhone版

STEVAL-DRONE01は標準でBluetoothを使って、スマホからの操作ができます。

ガッツリとドローンを飛ばすのなら、プロポがあったほうがいいのでしょうけど、お手軽に飛ばすのならスマホでいいんではって思っています。

スマホのアプリなんで、当然ながらiPhone版とAndroid版があります。

ここでは、iPhone版の説明を行います。

※STEVAL-DRONE01の組みたはてコチラのページを参照してください。

iPhoneアプリをインストールします。

「steval drone」あたりで検索するとインストール画面が表示されますのでインストールしてください。

さあ始めましょう!!

アプリを起動すると、下記の画面が表示されます。

「Start discovering」をクリックしてください。

ドローンの表示が出ます。

接続するドローンをクリックしてください。

操作画面が表示され、LED2の点滅が停止します。

 

この画面は、左側にアクセルの操作ができる「Mode2」となっています。

インストールしたままでは「Mode1」となっていて、右側にアクセルの操作が来ています。

設定を変更します。

画面の右上の点3つをクリックすると、メニューがポップアップします。

「Settings」をクリックすると、設定画面が表示されます。

・Throttle(THR)

Non linear factor(デフォルト0.75):スロットル開度とスロットルの直線度・・かな?(^^;

Scale factor(デフォルト:0.5):スロットル開度のMaxの割合。0.5のままだと、10cmくらいしか浮かばない。

               今は、1.0にしてます。

・Roll Sensitivity(デフォルト:0.50)(AIL):横の姿勢角度の変化(エルロン操作)

・Yaw Sensitivity(デフォルト:0.50)(RUD):方向(機首の向き)の変化(ラダー操作)

・Pitch Sensitivity(デフォルト:0.50)(ELE):縦(機種の上げ下げ)の姿勢角度変化(エレベーター操作)

・Mode(デフォルト:Mode1):コントロールの右左を入れ替えます。

 Roll,Yaw、Pitchはこのような動きを表しています。

「<Back」で画面が戻ります。

キャリブレーションします。

「Status:Uncalibrated」になってる場合、キャリブレーションする必要があります。

キャリブレーションは、STEVAL-DRONE01を水平にしてから実行してください。

「Calibrate」をクリックしてください。

「Status:Calibrated」に表示が変わり、LED1が点灯します。

飛ばしてみましょう!

「Arm」をクリックすると、「Status:Armed」に表示が変わって、モーター回転モードとなり、LED2が点灯します。

この際、スロットルは一番下にあることを確認してください。そうしないと、「Status:Armed」になった途端にモーターが回転します。

各操作の調整は、「Offset」をクリックすると画面が表示されます。

あとは、周りに気をつけて飛ばしてみましょう(^^)

バッテリーは、フル充電してあれば30分は持つとは書いてますが、それは時と場合次第!

次は、プログラムにチャレンジ!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA