Zabbix4.4動作環境でPHP5.4からPHP7.4へ更新する

・サーバー構成
CentOS7.7 / PostgreSQL12 / PHP5.4 / Zabbix4.4

・いたした理由

CentOS7に入ってるPHPは5.4で、セキュリティーサポートも含めてサポート切れになってる。

※RHEL/CentOSではバックポートで脆弱性への対応はしてくれている。

てことで、アクティブサポート期間が残っている(2021/11/28まで)PHP7.4にバージョンアップする。

参考:既に運用中のCentOS 7.x上のZabbix(Webフロントエンド)のPHPを5系から7系に入れ替える

※mysql使ってる記事なので、PostgreSQLではどうなるか、ちょっと心配(^^;

更新作業の開始

1)現状のPHP5.4のインストール状況の確認
$ rpm -qa | grep php
php.x86_64      5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-bcmath.x86_64 5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-cli.x86_64    5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-common.x86_64 5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-fpm.x86_64   5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-gd.x86_64    5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-ldap.x86_64   5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-mbstring.x86_64 5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-pdo.x86_64   5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-pgsql.x86_64  5.4.16-46.1.el7_7 @updates
php-xml.x86_64   5.4.16-46.1.el7_7 @updates


※/etc/php.iniは念の為に保存しておきましょう!

2)Remiリポジトリをインストールする
# yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

# ls -al /etc/yum.repos.d/remi*
-rw-r–r– 1 root root 446 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-glpi91.repo
-rw-r–r– 1 root root 446 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-glpi92.repo
-rw-r–r– 1 root root 446 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-glpi93.repo
-rw-r–r– 1 root root 446 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-glpi94.repo
-rw-r–r– 1 root root 855 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-modular.repo
-rw-r–r– 1 root root 456 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php54.repo
-rw-r–r– 1 root root 1314 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php70.repo
-rw-r–r– 1 root root 1314 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo
-rw-r–r– 1 root root 1314 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php72.repo
-rw-r–r– 1 root root 1314 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php73.repo
-rw-r–r– 1 root root 1314 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-php74.repo
-rw-r–r– 1 root root 750 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo
-rw-r–r– 1 root root 2605 9月 6 15:31 /etc/yum.repos.d/remi.repo

3)更新する

# yum update –enablerepo=remi-php74 php php-common

php php-common php-bcmath php-cli php-fpm php-gd php-ldap php-mbstring php-pdo php-pgsql php-xmlが

7.4.1-1 el7.remiとなりました。

4)サーバーを再起動しました。

毎度おなじみのハマりどころ。。。

毎度おなじみと言うかなんというか。。。

zabbixを表示させると「セッションがスタートできない」とエラーが表示されていました。

で、”session”というキーワードで調べると。。

# ls -al /var/lib/php
合計 20
drwxr-xr-x 5 root root 4096 12月 21 23:41 .
drwxr-xr-x. 32 root root 4096 12月 19 21:39 ..
drwxrwx— 2 root apache 4096 12月 18 15:47 opcache
drwxrwx— 2 root apache 4096 12月 18 15:47 session
drwxrwx— 2 root apache 4096 12月 18 15:47 wsdlcache
とapacheになってる。。。

nginxで動かしてるんで、これはだめです。

# cd /var/lib/php
# chown -R root.nginx ./*
# ls -al
合計 20
drwxr-xr-x 5 root root 4096 12月 21 23:41 .
drwxr-xr-x. 32 root root 4096 12月 19 21:39 ..
drwxrwx— 2 root nginx 4096 12月 18 15:47 opcache
drwxrwx— 2 root nginx 4096 12月 18 15:47 session
drwxrwx— 2 root nginx 4096 12月 18 15:47 wsdlcache

nginxとphp-fpmを再起動

# systemctl restart nginx
# systemctl restart php-fpm

これで無事表示できました!

PHPバージョンアップしたら毎回チェックが必要みたいな予感。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Zabbix4.4+SlackはWebhookで!